09月≪ 2017年10月 ≫11月    【全記事リスト】 【注意事項】 【リンク(感謝♪)】 【メール】 【拍手コメント

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブログランキング 応援して下さい♪
『読んだよ~♪』『面白かった~♪』『参考になったわ~♪』など思って頂けましたら、
にほんブログ村 ハンドメイドブログ スイーツデコへ にほんブログ村 ハンドメイドブログ 粘土細工・ミニチュアへ 又は 又は、人気ブログランキングへ
ポチっとして頂けると嬉しいです♪ちまの意欲が湧きます♪
『拍手』をポチっとして頂けると、さらに喜びます♪「次は何にしようかな~♪」と思います。(^^)
--/--/-- (--)  |  スポンサー広告  |  編集  |  Top↑

軽量樹脂粘土でアイスの作り方(リアル)【基本編】

アイス

アイスの材料
■軽量粘土(ハーティクレイ
 ※樹脂粘土でもOK
■絵の具 お好みの色(アクリル又は水彩
■型(計量スプーン)
■筆又は歯ブラシ
 ※ステンシル用の筆がやりやすいです。


軽量粘土でアイスの作り方(基本手順)

【続きから】

IMG_1881.jpg アイス
①軽量粘土に、絵の具を好みの色になるまで混ぜ合わせます。
 材料MEMO (ちま的 ハーティクレイ感想&作品
軽量粘土は、個人的には、ハーティクレイがおすすめです。
100円ショップの軽量粘土でもできますが、紙の繊維で表面がボソボソする場合があります。
ニスを塗れば気にならないのかもしれませんが…。
【軽量粘土 ハーティクレイ】楽天市場 最新情報(安いモノ順)

 ちま的アドバイス
型(計量スプーン)に、粘土が取れやすいようにワセリンを塗ってみました。
剥離剤の代わりに、ワセリンやメンソレータムでも良いらしいので、やっってみました。
が、それほど効果はなかったかも。。。私のやり方がまずいのか…。汗
機会があったら、試してみて下さい。。。


アイス アイス アイス
②型に、あふれるぐらい粘土を入れる。
 ちま的アドバイス

表面の仕上がりで、型に粘土を入れる方法が違います。
型に取った後に、筆やブラシでボソボソにしてもいいのでしょうけどね。汗
型の入れ方は、後日アップします。汗

③粘土を、押しつける。
 ちま的アドバイス
2mmぐらい、厚さを残すようにして下さい。
粘土が取りやすくなりますし、周りに粘土が残っていると、よりアイスに見えます。


アイス アイス アイス
④少し、乾燥させて、周りの粘土をちぎり取る。
⑤ひきちぎった部分を、筆もしくはつまようじなどで、修正する。
⑥乾燥させて、できあがり。

IMG_1932.jpg
ソースをかけたアイスの作り方はこちら


 市販品と比べてみよう♪
  
【アイス デコ】楽天最新情報(安いモノ順)
市販品もなかなかリアル…。負けないようにもうちょっと研究します。汗

ブログランキング 応援して下さい♪
『読んだよ~♪』『面白かった~♪』『参考になったわ~♪』など思って頂けましたら、
にほんブログ村 ハンドメイドブログ スイーツデコへ にほんブログ村 ハンドメイドブログ 粘土細工・ミニチュアへ 又は 又は、人気ブログランキングへ
ポチっとして頂けると嬉しいです♪ちまの意欲が湧きます♪
『拍手』をポチっとして頂けると、さらに喜びます♪「次は何にしようかな~♪」と思います。(^^)
2008/04/03 (木)  |  粘土:アイス系の作り方  |  編集  |  Top↑


<< ビーズ材料:アクリル玉 | BLOGTOP | モチーフビーズ:ピンクパンサー >>
 | BLOGTOP | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。